現役カフェ経営者がオススメする本 12選

利益が出てるのにお金が減るのはなぜ!?キャッシュフローを知らないと大変だよ

利益が出てるのにお店は潰れる。飲食店に限らないが、黒字倒産ってやつだ。ここで鍵になるのがキャッシュフロー。案外、落とし穴なのだ(汗)

いざ自分で飲食店を開業しようって時には「利益」のことはしっかり考えるけど、「キャッシュフロー」のことを考えてないって人が多い。そもそもキャッシュフローって何?ってレベルだったり。

売上に対してどんな経費がかかるのかという月次の収支シュミレーションについては、いろんなサイトで詳しく解説してるので知識もつけやすい。一方、キャッシュフローについてはあんまり書いてないし、書いてあっても起業する人間の頭の中にない場合が多いので目につかない。

かく言う自分も、売上が上がってるし利益も出てるのに、なぜお金が増えない時期があってものすごい悩んだw

キャッシュフローって?

キャッシュ=お金
フロー=流れ

キャッシュフローはお金の流れってこと。毎月お金がいくら入ってきて、いくら出ていくのかっていうことだ。

当たり前だけど、

入ってくるお金 < 出ていくお金 だとお店は潰れる。

逆に、

入ってくるお金 > 出ていくお金 だとお店は続けられる。

飲食店の利益は全て手元に残るわけではない

なぜキャッシュフローが盲点なのかというと、飲食店の利益が全て手元に残るわけではないからだ!

たとえば、飲食コンサルで有名なコロンブスのたまごさんから収支シュミレーションでは
※参照 http://www.columbus-egg.co.jp/knowhow/simulation_management.php

売上高から経費を差し引いて営業利益123,167円が出ることになっている。

どんなサイトでも経費の内訳だったり、営業利益はこのくらい出るよって書いてるけど、手元にいくらお金が残るのかは書いていない。

開業時に融資を受けて毎月返済をしている人は利益から返済することになる。

ここが盲点になる!

これは実際に飲食店をやって気づく人が多い。自分もそうだった・・・。

手元に残るお金=減価償却費+営業利益ーローン返済額ー税金

ざっくりだけど

手元に残るお金=減価償却費+営業利益ーローン返済額ー税金という計算になる。

コロンブスのたまごで提示されてる収支モデルだと、減価償却費+営業利益=275,000円だから、これを元に計算してみる。

ローン返済額

まずは毎月のローン返済額を計算してみる。

ローンの計算は、ここがオススメ。
https://keisan.casio.jp/exec/system/1256183644

仮に1,000万円を金利2%で借りた場合、

  • 5年返済・・・毎月の返済額 175,277円
  • 7年返済・・・毎月の返済額 127,674円
  • 10年返済・・・毎月の返済額 92,013円

1,000万円借りると結構な金額を返済しないといけないのがわかると思う。住宅ローンみたいに35年とかで組めるわけではないし、最長でも15年が限界。これだけでもキャッシュフローがカツカツなのが見えてくる。

税金

さらに、法人の場合は、営業利益に法人税がかかってくる。少し多めに見積もって40%で計算するといい。
参照:https://www.zeiri4.com/c_1076/c_1024/q_97/

営業利益 123,167円 × 法人税率 0.4 = 法人税 49,267円 ということになる。

個人事業主の場合は、自分の人件費+営業利益が最終的な収入になるのだが、ここでは計算が面倒になるので一旦法人税で計算する。

最終的に手元に残るお金

最終的にいくら残るのかというと、

借入金が1,000万円の場合は、毎月だいたいこれくらいの金額になる。

  • 5年返済・・・275,000円 – 175,277円 – 49,267円 = 50,456円
  • 7年返済・・・275,000円 – 127,674円 – 49,267円 = 98,059円
  • 10年返済・・・275,000円 – 92,013円 – 49,267円 = 133,720円

月180万円の売上でも意外とお金が残らない!

これが借入金1,500万だと、

  • 5年返済・・・275,000円 – 262,916円 – 49,267円 = ▲37,183円
  • 7年返済・・・275,000円 – 191,511円 – 49,267円 = 34,222円
  • 10年返済・・・275,000円 – 138,020円 – 49,267円 = 87,713円

7年以上で返済しないと利益が出ているのにキャッシュフローがマイナス!!

キャッシュフローがマイナスってことは、手元のお金が毎月減っていっていずれ銀行に返済できなくなる!

飲食店に限らないけど、利益が出ているのに倒産するっていのはこういう理由なのだ。。

銀行融資を受ける際にはキャッシュフローをしっかりシュミレーションすること

借入金額と返済期間をミスすると余裕で黒字倒産する。返済が始まってから銀行に返済計画の変更をお願いすることも不可能ではないのだが、当然、銀行側ではバツを付ける。

事業を拡大したくても融資を受けることが難しくなったり、仮に借りられたとしてもリスクのある融資先として金利が高くなったりする。

借りる前にしっかりキャッシュフローをシュミレーションして無理のない店舗運営をしたい。それに、売上が上がっていて利益も出てるのに、なぜか手元のお金が減ったり、全然増えないと経営のモチベーションにも影響してくるしね。

開業するとお金の悩みは尽きない。

最初に自己資金を多めに用意していると有利

なのは間違いない。いかに借入金を抑えるかがポイントだ。

開業するならファイナンスの知識も大事だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA